JP EN

MENU

認定要件等

認定の種類 要 件
実務経験が概ね2年程度の者
(ゴールド)
日本人が料理長等を務める国内の日本食レストランにおける実務経験が概ね2年程度ある者であって、本ガイドラインに定める日本料理の知識及び技能を修得していると認められるもの
日本料理学校等の卒業者又は
実務経験が概ね1年程度の者
(シルバー)

国内外の料理学校等の1年程度の日本食コースにおいて、本ガイドラインに定める日本料理の知識及び技能に関するカリキュラムを履修し、当該料理学校等を卒業した者

日本人が料理長等を務める国内の日本食レストランにおける実務経験が概ね1年程度ある者であって、本ガイドラインに定める日本料理の知識及び技能を修得していると認められるもの

短期料理講習会等を受講した者
(ブロンズ)
国内外の日本料理学校、民間団体等が主催する短期料理講習会等において、本ガイドラインに定める日本料理の知識及び技能に関する講習を受講した者であって、認定団体が実施する試験に合格したもの

認定等のスキーム

農林水産省

ガイドラインの提示
届 出

運用・管理団体(民間団体等)

【ガイドラインに基づき適切に運用・管理】

申 請
認 定
指導
助言等
報 告

認定団体(日本料理関係団体等)

認定の種類毎に、修得すべき日本料理の知識・技能等を確認

・日本の食文化
・日本料理に関する衛生管理の知識、調理技能 など

認 定
サポート
食材の情報発信講習会の
開催等の定期的なサポート
日本料理の知識・調理技能が
一定のレベルに達した者